【法令改正】溶接ヒューム対策【特化則】

新潟の塗料販売店 三基物産株式会社です!

 

溶接作業を行なっている工場の皆様は

「溶接ヒューム対策」

しっかり進んでいますか?

 

 

溶接ヒュームが労働者に神経障害等の健康被害を及ぼすおそれがあることが明らかになりました。

それに伴い労働安全衛生法施行令、特定化合物質障害予防規則(特化則)等が改正され、令和3年4月1日から施行・適用されました。

そのため、金属アーク溶接作業を行う際には様々な措置が義務付けられることとなりました。

 

 

 

主な流れと必要な措置は下図のとおりです。

 

 

 

 

現時点でも粉塵則の規定により、金属アーク溶接等作業に従事する作業者には、有効な呼吸用保護具を使用させなければいけませんが、

・令和4年3月31日までに溶接作業を行なっている屋内作業場では濃度測定を済ませる

・令和4年4月1日以降は、換気装置の風量増加・その他必要な措置

・溶接ヒューム濃度測定結果に基づいた呼吸用保護具の使用

・屋内作業場の床等を、水洗等によって1日1回以上、飛散防止のために清掃

 

など、様々な措置が義務付けられます!

 

 

 

当社では、

換気・・・局所排気装置

呼吸用保護具・・・要求防護係数に応じたマスク等の保護具

床の水洗・・・工場向け掃除機(乾湿両用、真空、抗菌加工等)

 

をはじめ、お客様の現状に応じた対策資材・機材を取り扱っております。

 

 

 

対策がまだ手付かずだという方は、ぜひ当社へ一度ご相談ください!

 

溶接ヒュームをはじめ、工場内の営繕関係などまとめてご提案させていただくことも可能です!

 

大切な作業者の方々のためにも、早めの取り組みをオススメいたします。

 

お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください!

 

先頭へ